地球と財布に優しい | 宮崎県での太陽光発電|特徴や気候などについて

地球と財布に優しい

きれいな青の外壁

太陽光パネルについて

太陽光発電はエコだし、電気代の節約にもなるから試してみたい…という方も多いのではないでしょうか。 太陽光発電に必要不可欠な太陽光パネルですが、発電量に優れ、尚且つ耐久性にも優れた製品が毎年数多く展開されています。 従来の太陽光パネルだと台風で簡単に破損してしまったり、雨や雪の日には発電量が著しく低下するなど、設備投資のわりには収入が少ないという状況も少なくありませんでした。 ですが、近年では20年以上の長期使用にも耐えうる太陽光パネルが開発されるなど、挑戦する敷居が低くなってきています。 発電量に関しては日本の企業が世界でもトップクラスです。これからも耐久性・発電量ともに優れた性能になっていくでしょう。

いったいどれくらい節約できるのか

さて、太陽光発電はエコで節約にもなるイメージが大きいと思いますが、いったいどれくらい節約できるのかが大きな疑問ではないでしょうか。 雨の多い地域、雪の多い地域など、各地で発電量のばらつきはありますが、先ほど述べた世界トップクラスの太陽光パネルだと1ヶ月に2〜4万円程電力会社が買い取ってくれます。一般家庭の電気代だけならこれだけで十分お釣りができる額です。 当然ながら梅雨時や雪の多い季節は少なめの発電量になりますが、これだけの額が毎月受け取れるなら長期使用も考えてみる価値はあると思います。 これは一例ですが、夏場の日射量が多く雨の少ない時期に発電量が5万円を超えるケースもあるようです。 太陽光発電は早くに初めて損をすることはありません。エコのためにも節約のためにも導入する価値がある設備です。

注目の記事